PICTURE DIARY 1606FR2017

pd20170616s
ミチコちゃん、ナギちゃんと昼食の会。3人で食事なんて、今まであっただろうか。あったにしてもいつのことであっただろう。美大の仲間は、美という確かで曖昧な世界の、個性豊かでありながら各々求めて止まない。アートでありデザインであり、美という領域での研鑽と追求を目的として各地から集まるので、気の合う同士の絆は独特に強く、そしてしなやかだ。お互いの違いを尊重し、お互いを尊敬もしている。何人かとは、当たり前に長く素直な付き合いが続いている。会えば一瞬にして相互の間に横たわる時空を超え、多摩美の学食へとひとっ飛びする。ここが東京の真ん中とは思えない空気を呼び、心地好い。昼間会うのはいいな。ナギと二人でスクランブル交差点を渡り、駅の改札に向かうミチコを見送りながら、それぞれがそれぞれに戻る。時間は宝物。

Leave a Reply

*