PICTURE DIARY 1812TH2014

PD20141218s
代官山から西郷山公園の下辺り、目黒川との間の一帯、ちょっと歩いてみるとこの辺りも色々なお店が増えた。僕が店を持つなら、どこにどんな店がいいかなどと想像する。何かしらの店を持つのはSTELLAFINEでアートグッズやコスチュームを作り始めた頃からの未だ果たせない夢だ。世間的にはもうとっくに夢見る頃を過ぎた歳だが、僕は未だに誰にも見えない幻のような美しい蝶々を追いかけているようだ。網を持たず、その美しい蝶々が肩や、差し伸べた手に止まる。頭上を舞ってひらひらと僕の行く方へと舞うように飛ぶ。

Leave a Reply

*