PICTURE DIARY 2007FR2018

pd20180720s
暑さの続くなか、涼を求めるようにN.の歌声を聴くSMELL BAR。H氏がALAIN MIKLIのエキセントリックなメガネを持参し、かけてみる。似合う!という声、近付きたくない!という声。扉がひとつ開いて、どちらにしても素晴らしいものを見ると心踊り笑顔になる。

Leave a Reply

*