PICTURE DIARY 2212MO2014

PD20141222s
天然素材の製品を愛用しようとする人は増えるだろう。肌に直接触れる物の気持ち良さは、天然の物に限る。人工的な物は常に近い物に過ぎない。代わりにはなることが出来てもその物にはなれない。代用で十分という考え方や場合もあり否定はしない。実際に全てが天然では無理があるだろう。どのように組み合わせるかがセンス。物作りをする上で大切な入口だと感じる。

Leave a Reply

*