PICTURE DIARY 2705FR2022

pd20220527w400

自然と人との関わりの未来について考える機会が多い。自ずと大昔に想いを馳せる事にもなる。空氣や水や岩石や土や植物やバクテリアやウィルスや、この星が生まれた時から延々と存在している、絶滅した生き物や存在の果てに今。その上で文化や文明や都市や人の営みの美を愛すること。


Leave a Reply

*