PICTURE DIARY 3007TU2019

pd20190730s

午後打ち合わせに出るが自転車は無理。眩暈がしそう。梅雨が明けて逞しい夏が来たが、必要以上に肉体を見せびらかせようとする、今が盛りの青年のごとき夏野郎。炎天下、翼を隠した涼しげな天使が、日傘のパラシュートを開いて舞い降りて来る。

Leave a Reply

*