PICTURE DIARY 3009MO2019

pd20190930s

シブヤ・アロープロジェクト、高架下壁画完成、サインする。具体的に人々の役に立つ作品として、大きな責任がある。災害時の帰宅困難者に避難する方向を示す矢印をモチーフに、参加アーティスト6人、伊藤桂司、植田工、河村康輔、小町渉、しりあがり寿、の各氏、個々の作品に込められたメッセージが力強い。作業中は高架下が美大のアトリエのようだった。

Leave a Reply

*