NEWS – 第38回茨城県伝統工芸品展

38Baraden_web_F
38Baraden_web_B

第38回茨城県伝統工芸品展
2020年2月20日[木]→ 23日[日]

会場:新宿パークタワー 1階 ギャラリー3
開館時間:10時30分→18時30分/入場無料

生きている手、生きている仕事。 いばらの城から手仕事の未来へ。
伝統工芸品の未来は地球の自然環境につながっています。世界の各地に生まれた伝統工芸品の多くは、植物や動物その地方特有の自然の中から生活の道具や用品として発達してきました。「空気」「水」「土」、そして「人」「技」「心」。茨城の豊かな自然の恵みに育まれ、参加工芸士が長年磨いてきた伝統の手仕事を未来に伝える始まりの4日間です。始まりはささやかでも今まで続いてきたように、百年、千年の未来を想像して歩みを進めます。BARADEN、第38回茨城県伝統工芸品展をバラデンと呼びます。茨城の県花、薔薇の花びらは工芸士の未来へ羽ばたく「翼」であり「手」を表し、それは伝統工芸品を使用する皆さんの「手」でもあります。

出展:笠間焼、八溝塗、結城桐箪笥、石岡の桐箱、古河竹工画、西ノ内和紙
   本場結城紬、水海道染色村 きぬの染、水府提灯、桂雛、線香
   浮世絵手摺木版画、真壁石燈籠、梵鐘、米粒人形、霞ヶ浦帆引き船模型

<ワークショップ>
yuukitsumugi
★結城紬のアクセサリーづくり/本場結城紬

日 程:2月20日[木]・21日[金]・22日[土]
時 間:11時→15時/所要時間20分程度、14時30分受付締切
参加費:1000円 材料費込
ユネスコ無形文化遺産に登録された「結城紬」。お好きな生地を選んで、あなただけのオリジナル結城紬アクセサリーを作るワークショップです。デコレーションひとつでイメージも変わります。この機会に結城紬を肌で感じてください。

kannnatree
★桐のかんなくずリースづくり/石岡の桐箱
日 程:2月22日[土]
時 間:11時→15時/所要時間30分程度、15時受付締切
参加費:800円 材料費込
東北の桐は木肌が美しく絹糸光沢を放ち、かんなくずとは言えとても美しいです。薬品など使用していない桐ですので、インテリアとしてもやさしく、お部屋の空気を汚しません。製作はかんたんですが、お子さまは保護者の方の手助けが必要です。

インフォメーション
茨城県伝統工芸品展実行委員会事務局
茨城県産業政策課
電話:029-301-3584

主催:茨城県伝統工芸品展実行委員会

後援:茨城新聞社、毎日新聞社水戸支局、読売新聞社水戸支局、朝日新聞水戸総局
   産経新聞社水戸支局、東京新聞水戸支局、時事通信社水戸支局、共同通信社水戸支局
   日本経済新聞社水戸支局、日刊工業新聞社茨城支局、茨城放送、NHK水戸放送局
   茨城県教育委員会、一般社団法人茨城県観光物産協会

監修:ミック・イタヤ

新宿パークタワー:東京都新宿区西新宿三丁目7番1号

38Baraden_map

Leave a Reply

*