PICTURE DIARY 0609TU2022

pd20220906w400

作品を散歩させている。こうでなければならないという決まりは無いので、好きなように歩くが、人は元来、帰属を望み安住を欲する。時として自由に見えるものには、憧れと侮蔑の眼が向けられ、欠点の探し、見付けると恥を知れなどと言う。恥とはそのような人のもの。


Leave a Reply

*