PICTURE DIARY 1403MO2022

pd20220314w400

春の散歩道を歩いていると、いきなりせっかちな夏に出会う。無理もない。夏の野郎は、もとより空氣を読まない奴だ。ぐずぐずしている冬にも困る。


Leave a Reply

*