PICTURE DIARY 1501WE2020

pd20200115s

自分は職人ではないし、なろうとしても到底職人にはなれるものではないが、憧れと尊敬がある。子供時分の記憶、隣家が建具屋だったこと、父の実家は材木屋だったこと、指物師や大工たちの仕事に接して、見事な業と道具の大事、心構えや心意気を感じたこと。宝になっている。

Leave a Reply

*