PICTURE DIARY 1805WE2022

pd20220518w400

出来るだけ無駄を省く。感を働かせて、何が無駄なのか見極めようとする。無駄こそが宝の場合も多い。


Leave a Reply

*