PICTURE DIARY 2010TH2022

pd20221020w400

夢日記をつけていたことがある。おぼろな世界におぼろな風景やおぼろな人々が現れては消え、消えては現れる。その様子に魅了され記そうとするが、余りにも不可思議が縦横無尽に入り組み、言葉や絵の説明が追い付かない。実生活の夢もさることながら、眠りの夢まで追うようになれば、生活はままならない。夢、夢のまた夢の夢の夢。努々。


Leave a Reply

*