PICTURE DIARY 2011TU2018

pd20181120s
平間写真館でフォトセッション。来年1月、平間氏の写真展に出展する写真のための被写体となる。撮られる側となり初めて解ることがある。何よりもその心地好さ、音楽性豊かなリズム感、スピード感、一方的ではないメロディアスな心遣い。NO LIFE NO PHOTO、互いの創造力が融け合う楽しい撮影だった。

Leave a Reply

*