PICTURE DIARY 2903TH2012


BEAMS社のブランド、BEAMS LIGHTSの初めての旗艦店が2店舗オープンする。その2つの店のために壁画を描き上げる。2人の男女、幼馴染のそれぞれの旅と出会いを主題にした洋服が4月にデビューする。「旅 BとLの 永遠の少年少女よ 世界を旅しよう 世界と恋しよう 旅立に早すぎることはない 遅すぎることもない 好きなところへ行こう 道連れは 夢と希望の太陽天馬 愛と平和の伝書鳩 未来を見つけに出よう 永遠の少年少女よ」壁画のテーマを言葉にしてみた。BEAMS LIGHTSには、僕のテキスタイルデザインと絵を使った服やアクセサリーなども展開される。僕の参加は実績も無く小規模かも知れないが、大きな自由を得られるように、願わくは何よりも多くの素晴らしいお客様方に出逢い支持されるように、自然天然で仕事をしたいと思う。今、洋服に必要なのは実用本意の即物性ではなく、その分野には優れたメーカーやブランドが数多くある。僕からプレゼント出来るのは、夢やロマンチッックなストーリーと、技術や素材に裏打ちされたノーブルなエレガンス、ポップな佇まいで日常を緩やかなイメージとファンタジーの世界へ誘う、活き活きとした非日常的な匂いする旅行服。もはや世間の流行や季節には捕らわれない。世界のどこかは春で夏で秋で冬だから。残念なことに東京という都市にはとっくの昔に季節が無くなったように、今では旅する僕たちが季節と流行そのものなのだろうから。

Leave a Reply

*