PICTURE DIARY 2905TU2018

pd20180529s
姪夫婦の娘だから大姪、大姪から見ると僕は大伯父。まだ5ヶ月だが、展覧会を見て大はしゃぎだった。予約した料理屋で昼の弁当を食べながら、大姪の発する言葉以前の声に耳を傾ける。上機嫌とややご機嫌斜めが交互にやって来て爺のような唸り声を出す。彼女の中の人格が出口を求めるが、表現する身体がまだ当分は追い付かない。

Leave a Reply

*